転職

必見!訪問看護師に向いている人材は?

更新日:

病院とは違い在宅での看護ケアを希望する際に、看護師さんが患者さんのお宅に訪問するサービス。それを「訪問看護サービス」と言います。病院や施設内にいる看護師さんと違い、医療器具が揃っていない患者さんの家で行う看護ケア。向いている人材と不向きな人材が必ずいます。そこで訪問看護師の仕事と向き不向きの人材について紹介いたします。

訪問看護師サービスとは?

訪問看護サービスとは、病院等に併設されている事が多く看護師さん数名と看護責任者1名、又は介護支援専門員(ケアマネ―ジャー)で構成されている事が多いです。サービスの内容は、在宅での看護ケアを希望されている患者さんのお宅に訪問し医療的なケアを行います。「訪問ヘルパーと同じじゃないの?」と思う人が多いですがヘルパーは食事や生活援助が主であり傷や褥瘡処置や点滴等の医療的なケアは法律上出来ません。そのために訪問看護師と言う役職が有ります。

訪問看護師サービスはどのように依頼するのか?

 

訪問看護師サービスは、直接患者さんからの利用希望は受け付ける事が出来ないです。医療的なケアをするために医師の指示書や意見書が必要になります。そのため、患者さんや要介護者は最初に介護サービスのプランを作成している、介護専門員(ケアマネージャー)に訪問看護師サービスを利用出来ないか?を聞く必要があります。その後に、介護支援専門員から主治医へと連絡が行き主治医から訪問看護師サービスの方に指示書が出されて利用開始となります。尚、訪問看護サービスの利用を開始する前に医師、訪問看護師、介護支援専門員(ケアマネージャー)、他の福祉サービス事業所、患者さん自身やそのご家族で集まり「サービス担当者会議」を行ってから訪問看護サービスの利用を開始する場合もあります。サービス担当者会議とは、各福祉サービスや医療サービスの担当職員が集まり話し合いを行い「今後行うサービスについて」や「医療処置の具体的な内容」「使用している福祉道具」等の話をする会議です。この会議は、介護支援専門員(ケアマネージャー)がセッティングをします。つまり、訪問看護師はサービスを利用開始されたら逐一に主治医と介護支援専門員(ケアマネージャー)に患者さんや要介護者の身体状況を報告する義務が有ります。

訪問看護師の主な業務

健康管理と医療的なケア

健康管理はバイタル測定や酸素飽和度測定を行いカルテに記録します。医療的なケアは医師の指示書が必要なケアです。医師が処方した薬品を使った褥瘡処置や導尿、又、脱水傾向な患者さんには点滴を行います。他には、便秘傾向な人に浣腸や摘便処置を行い吸引や胃瘻ボタンが有る患者さんの場合は胃瘻ボタン部分の皮膚のケアも行います。

医師への連絡と報告

健康管理の際にバイタルの値や酸素飽和度数に異常が有れば早急に医師へ連絡する必要が有ります。又褥瘡が有る患者さんの場合、主治医から「褥瘡の経過の写真が欲しい」との希望が有る事もあり訪問看護師が褥瘡の写真を撮り主治医に写真を渡すケースも有ります。主治医は褥瘡の写真をカルテに記録している事が有ります。

危篤状態、終末期での対応

 

最近、「生活して慣れ親しんだ家で最後を迎えたい」と希望される患者さんや要介護者が多いです。主治医自身は「医療的なケアを継続したい」ですが患者さんや要介護者自身が強く望んでいれば叶えてあがたい気持ちになります。そのためにいるのが「訪問看護師」です。終末期の患者さんや要介護者は、呼吸変化が来たり血圧が急激に下がったりと言う症状がいつ出現するか解らない状態です。訪問して状態変化が有る時もあれば、夜中に状態変化があり患者さんや要介護者のご家族から緊急の連絡が入る事が有ります。そのため訪問看護師サービスは24時間対応型でオンコール体制となっています。

主治医の往診補助

病院への受診が難しい場合に定期的に主治医の往診が来ます。訪問看護師が往診に付き添う事が有り、主治医の診察補助を行います。胃瘻ボタンの交換や褥瘡の外科的デブリードマン術を行う際に補助を行う事が有ります。又、往診時に患者さんや要介護者の状態が変化した場合に救急車を要請したりする事もあり、訪問看護師は救急車に同乗する事も有ります。

サービス担当者会議への参加

サービス担当者会議は、介護支援専門員(ケアマネージャ)から会議を開催するとの連絡が来て参加となります。他の福祉事業者や歯科医や薬剤師が参加する事も有り、患者さんのカルテを細かく記録して会議で報告出来るようにしておく必要が有ります。

患者さんや要介護者のカルテ記録の記載

患者さんや要介護者のカルテや経過記録は担当者会議でも使用され、又は主治医が確認する事が有ります。患者さんや要介護者の小さな変化や訴えを記載する事で、薬の量が変わる事が有ります。例えば患者さんから「最近、めまいが多い」との訴えが有った事をカルテに記載した結果、血圧の薬が多すぎて、低血圧状態だったため薬が減量になってケースが有ります。

訪問看護師サービスで使用する備品補充

訪問看護師さんは必ず、処置や注射等の医療的なケアを行います。外用薬は医師から処方された物を使用しますが、注射針や導尿で使用する管、又はガーゼや包帯、アルコール綿などの消耗品は補充する必要が有ります。

患者さんや要介護者のご家族への指導

訪問看護師が患者さんや要介護者へケア指導する事もあります。在宅用の吸引機の使用方法や褥瘡予防のための体位交換、口腔ケア方法を指導する事が有ります。中には「ネグレクト」と言ったご家族が介護やケアをしない場合にも厳しく指導する訪問看護師や虐待が有る事を主治医や介護支援専門員(ケアマネージャー)に報告する訪問看護師もいます。それは患者さんや要介護者の生命を守るためで当然な事なのです。又、服薬指導を訪問看護師がする事も有ります。

訪問看護師に向いている人材

場所が病院じゃなくても医療的なケアが出来る

 

訪問看護師は、今、自分が持っている処置物品だけで応急処置を行う必要が有ります。訪問看護師さんの鞄の中身は「血圧計」「体温計」「サーチレーションモニター」「医療用はさみ」「ガーゼ」「サージカルテープ」「包帯」「アルコール綿」が入っている事が殆どで、他には「導尿キット」や「点滴キット」等、荷物を移動しやすいように最小限にしている事が有ります。そのため、急きょ処置が必要になっても「え!薬もないのにどうしょう」と慌てずに臨機応変に応急処置が出来ないといけません。

24時間対応・オンコールが可能

 

患者さんや要介護者が容態急変する時間は、日中だけではありません。夜間帯や早朝が多いです。殆どが当番制なオンコール体制。抵抗無く出来る人が訪問看護師に向いていると思います。

福祉分野の技術も頭に入っている

訪問看護師は、福祉事業者との関わりが多いです。訪問介護員や福祉用具サービス事業者、又は老人福祉施設事業者等にも関わって来ます。担当者会議でも福祉事業者と話し合う事が有りますが各サービスがどんなサービスをしているのか頭に入れて置く必要が有ります。訪問介護員は食事介助をする事が有るため患者さんや要介護者の食事量の低下の有無を確認でき、福祉用具サービス事業者へは褥瘡が有る患者や要介護者の場合にエアーマッド等の用具について問い合わせる事が出来ます。

訪問看護師に不向きな人材

単独で決められた時間内に医療的ケアが出来ない

病院内で有れば、看護師が数人いて協力しケアを行う事が可能ですが、訪問看護師の場合は単独ケアを行う必要が有ります。そのため判断も自分でしないといけません。病院内で有れば、報告や相談がすぐに出来ますが訪問看護師の場合はすぐには出来ません。又、決まった時間内にケアをしないといけません。訪問先が一日に1件だけでは無く次々に何件もある場合は遅刻も出来ません。

育児中の人はオンコール体制が難しい事がある

やはり、小さいお子さんがいる場合は訪問看護師さんをしている場合、夜間オンコール体制は難しくなってきます。そのため日勤のみの指定にする訪問看護師さんが多いです。そのためオンコール体制が無いため給料が減ってしまいます。

臨機応変の対応が出来ない

 

訪問看護師は、先ほども紹介した通り単独でケアを行います。主治医から出された指示書以外にも、急な外傷や急な体調不良等患者さんや要介護者の体調や状態は変わります。その状態を見て「どうしょう!どうしょう!」と慌てて何にも出来ない場合は、訪問看護師には不向きです。外傷の場合すぐに止血をし、体調不良の場合はバイタル測定を行い主治医へ連絡し報告すると言う動作を円滑にする必要が有ります。

祝日、年末年始休みたい人は不向き

訪問看護師サービスは24時間体制です。つまり、年末年始や日曜祝日も普通に稼働しています。患者さんや要介護者、又はそのご家族が希望していれば年末年始に訪問しケアをする必要が有ります。「えーっ!年末年始位休みたいよ」と思ってしまいますよね。そう思ってしまう人は、訪問看護師と言う仕事は不向きです。年末年始は当番制になっている事が多く全て出勤すると言う事は少ないです。年末年始手当ても付く事が有り、給料アップしたい人にはオススメです。

患者さんの家までの道順が覚えられない

今や殆どの車にナビが付いているのですが田舎に行くにつれてナビに反映されない場所が有る事も多いです。訪問看護師成り立ての頃は、必ず先輩看護師さんの同行が有り勿論、患者さんや要介護者のお宅に行くまでの道順を教えてもらえます。しかし、先輩訪問看護師の同行は3回ぐらいまでです。それ以降は、先輩訪問看護師に教えられた道を車で訪問しないといけません。しかし、なかなか患者さんや要介護者のお宅の道が覚えられない訪問看護師が多いです。このケースは訪問看護師だけでは無く、訪問介護員にも多いと聞きます。

まとめ

訪問看護師さんは、在宅医療のプロでもあります。臨機応変に対応できる看護師に向いていると思います。訪問看護師になりたい人は常に自分の判断で物事を決める強い意思が必要だと思います。

-転職
-, ,

Copyright© 看護の求人 , 2018 AllRights Reserved.