求人 病院 転職

【口コミで選ぶ】看護師求人・転職サイトおすすめランキング

更新日:

皆さんは転職する時はどのようなサービスを使用しますか?昔はハローワークや求人情報誌、新聞の求人広告を見てその会社に問い合わせるケースが多かったですが今はネットで求人を見る事が出来、ハローワークにわざわざ行かなくても良くなりました。勿論看護師も求人をネットで確認出来ますが、もし希望の求人を探してくれて紹介してくれて面接の日までセッティングしてくるサービスが有ったら嬉しいですよね。そのサービスは実際に有ります。そのサービスが有る所が「看護師求人転職サイト」なのです。そこでオススメ看護求人サイトをランキング形式でご紹介致します。

看護師求人サイトオススメベスト5

1位 看護のお仕事

良い所は、専属のキャリアコンサルタントスタッフが付いてくれます。そして希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれます。サポート力と交渉力が魅力的な看護師求人サイトでもあります。一番良かった所は、職場の悩みを聞いてくれる所です。今後の働き方や悩みの相談も丁寧で、的確なアドバイスをしてくれます。看護師求人サイトを初めて使う人にはオススメです。ブランク有りな看護師さんや育児と仕事を両立出来る求人の紹介をしてくれる事も有り主婦から看護師に復帰する人にもオススメです。給料が高い夜勤専属看護師の求人も多く紹介されます。

悪い所は、電話がしつこい所でしょうか。私自身も看護のお仕事を利用した経験が有ります。別な方法で仕事を探し就職しましたが就職が決まった事をキャリアコンサルタントに連絡しましたが「お仕事は決まりましたか?」「このような求人が有りますがいかがでしょうか?」と連絡が来ていました。看護のお仕事に登録している自分のデーターの消去を依頼しましたが消されているかは不明です。

看護のお仕事は、ブランクが有り復職される人や給与アップ出来る求人を探している方が多く利用されています。

2位 ナース人材バンク

良い所は、求人が探しやすい所です。ナース人材バンクのホームページを見ると都道府県を初め検索し市町村だけでは無く通勤で使う駅を指定しながら近くの求人を探す事が出来ます。つまり通勤しやすい求人を探してくれます。又、雇用条件や日曜日休みや夜勤無し等の希望に沿った求人も探してくれます。母体がナース専科と言う看護師さん同士の情報交換サイトや白衣やナースシューズが売っているウェブサイトを経営しています。私自身もナース専科を利用しています。ナース人材バンクへは登録していますが、メールで求人情報が送られてきており新しい病院の情報も送られてくる事が有ります。非公開求人が多く新しく建てたばかりの病院の求人も有り、求人情報が早いのはナース人材バンクだと私は思います。

悪い所は、連絡がしつこい所です。看護のお仕事と同様にメールや電話での求人紹介の連絡が多いです。特に年末年始の突発求人や短期間のみの求人の紹介の連絡は多く見られました。

ナース人材バンクは、通勤時間を気にされる人や日曜休み等の条件が有る人が使われています。

3位 マイナビ看護師

 

良い所は、有名な所です。マイナビさんは電車内の広告やテレビでもCMしており安心感が有ります。求人も希望を聞いてくれてキャリアコンサルタントも親切と言う口コミが有りました。

悪い所は、キャリアコンサルタントによって対応方法が異なる事です。「マイナビ看護師に登録したが連絡なしの半年放置だった。仕方が無いから自分で仕事を探して就職した。半年経って求人の情報の連絡が来た」と言う人もいます。又、「子供がいるので日勤のみの病院か施設の求人を探してほしい」と依頼したが実際紹介された求人が「夜勤有りの3交代制の病院」だったと言うケースも有ります。求人の希望を聞いていないキャリアコンサルタントが中にはいると言う事です。キャリアコンサルタントが若すぎて一緒に面接に言った際に、スーツですがミニスカートに茶髪で印象が悪かったという口コミも有ります。

マイナビ看護師は、希望に沿った求人を探してくれる事が少ないのでまずはキャリアコンサルタントを指名した方が良いと思います。マイナビ看護師のもう一つの良い点はキャリアコンサルタントの指名が出来る事です。「年が近い話しやすい人」「クリニック専門に担当している人」等の御指名は可能です。

4位 医療ワーカー

良い所は、非公開求人が多い所と応援看護師求人の取り扱いが多いです。応援看護師と言うのは例えば、年末年始の短い期間だけ勤務してくれる看護師や人手不足な日のみ勤務してくれる看護師さんを言います。そのため給料が高くて「沢山稼ぎたい」と言う人にはオススメです。

悪い所は、キャリアコンサルタントによって、連絡がマメで就職しても近況報告の連絡をお願いして来るキャリアコンサルタントもいれば、近況報告しても無視で就職してしまえばもう終わりなキャリアコンサルタントもいます。中には履歴書等の書類を送り何も連絡なしで「○日に面接しますから」と言って仕事をしながらの転職活動をしている看護師さんからは「急に言われても・・」「その日は勤務だよ」「あらかじめ良い日を聞いて欲しい」と言う口コミも有り不評でした。

医療ワーカーは非公開求人や応援看護師、夜勤専属看護師等の給料が高い求人を探している人にオススメです。

5位 看護roo!

良い点は、連絡がまめな所です。特に病院の求人が多く条件に沿った病院の求人を探してくれます。夜勤無しや3交代制や2交代制等の病院の勤務体制やその病院の看護師の現在の人数も教えてくれます。ブランク有りの復職目的の人でも確実に求人が見つかると評判が有ります。

悪い点は、連絡がまめな所は良いのですが毎回キャリアコンサルタントが変わる所です。御指名や専属と言うものが無い事が有り、実際使ってみた人は「電話対応してくれた人は女性だった。面接に同伴してくれた人は男性で何を話したらいいのかわからなくて・・」「いつもの人は?」と聞いてみたら「別な人の面接に行っています」と返されたとのこと。中にはキャリアコンサルタントが5回変わり毎回転職する理由を聞かれて「面倒くさい!」と言って退会されてしまった人もいます。

看護roo!は病院で勤務したい人にオススメです。

看護師求人サイトの選び方

看護師求人サイトを5つ紹介しましたが、そのサイトには必ず良い点と悪い点が有る事を知って頂けたと思います。しかし、他の人には悪くても自分には良かったと言うケースも有ります。次に、看護師転職サイトの選び方についてご紹介致します。

求人の数は多い方が良いか?少ない方が良いか?

求人数は多いサイトが良いです。インターネットで「看護師」「転職」と入れるだけで簡単に看護師転職サイトは見つける事が出来ます。しかし、注意する点が有ります。それはそのサイトが取り扱う求人の数です。当然求人の数が多い方が転職する選択肢が広くなり選ぶ事も可能になります。求人の数が多い事で自分の条件に合った求人は求人数が多い方が見つけやすいです。

逆に求人数が少ないとどうなってしまうのでしょうか。求人数が少ないとキャリアコンサルタントが「オススメな転職先」と求人を紹介して来ます。その「オススメ」には裏が有る可能性が有ります。「病院の院長や人事担当者の付き合いや、ずっと使ってるから看護師を紹介してくれ」と言った求人や看護師を紹介する事でキャリアコンサルタントが高利益をもらえる求人、又はキャリアコンサルタントが得意としている分野での求人の可能性も有ります。現に、1位の「看護のお仕事」も求人数が13万件以上で町で20件しか出てこないエリアも1000件以上の看護師求人登録が有ったりします。

全国対応が良いか?地域密着型が良いか?

これも当然全国対応の看護師求人サイトが良いでしょう。看護師求人サイトは各主要都市部に支店を持っています。本社が東京や大阪でも支店が福岡や宮城等に有る会社ばかりです。そのため全国対応としっかりと掲載されているサイトがオススメです。

地域密着型サイトは、会社の規模が小さくて資金力がないです。資金力がないためキャリアコンサルタントの教育が不十分な場合が多いです。全国対応サイトと比べて圧倒的に求人情報量が少ないです。ハローワークと同様で求人数が思ったより少ないのです。それはハローワーク自体が地域やその市町村の求人を中心にし紹介しているからです。そうなってしまうと本当の情報不足になってしまいます。

ただし、地域密着型サイトでも専門サイトはOKです。地域限定での求人募集を行っているサイトで専門サイトだけはOKです。例を言えばこんなサイトです。

その理由は求人数がそもそも少ない事を知らせており地域限定にせざるえないサイトだからです。

転職お祝い金はもらえるの?

看護師転職サイトでは「転職お祝い金」がもらえる場合が有ります。転職お祝い金は、入職して1ヶ月~半年の間に渡される事が有ります。何故、転職お祝い金がもらえるのか?転職先がマッチングする事も有ればミスマッチングする事も有ります。転職後に、「実際に紹介したが合っていたのか?」等の分析をするためのお金になります。お祝い金と言われれば悪い気もしないし、運営会社側もお金を渡すという名目で現状を伺う事が出来ます。簡単に言えば、転職お祝い金を渡すサイトは転職後もフォローしてくれる可能性が高い事になります。実際に「看護のお仕事」では12万円のお祝い金が出ます。しかし一括で12万円では有りませんし採用時の年収によって貰えるお祝い金の額が変わります。「3万円しか貰えなかった」と言う人も中にはいますのでそれは気を付けて下さい。

看護師転職サイトは無料なのか?

看護師転職サイトは全て無料となります。求人紹介や面接のセッティングも無料でしてくれるサービスになります。しかし転職活動で当然お金が掛かる事は有ります。面接会場へ行く交通費や宿泊費、食事代は自己負担になります。他にスーツや履歴書等の使用する物は当然自己負担になります。稀にですが面接に行く前にキャリアコンサルタントが食事代を負担してくれるケースが有ります。

転職をする前に行う事

「今の職場から別な職場へすぐにでも転職したい」「よし!面接受けて採用になったから辞めよう~」と言う気持ちになってしまう人が多いと思いますが転職する前に必ず守る事が有ります。転職活動の一般常識なので覚えておきましょう。

転職する意思を伝えるのは辞める1ヶ月前が良いでしょう

一般常識では辞める2週間前で有れば大丈夫と有りますが、看護師は辞める事で業務の引継ぎを他の看護師にする必要が有ります。自分が行っていた業務をきちんと引き継ぐ事で退職した後でも職場への負担にもなりませんし残される看護師への負担も最小限になります。引き継ぎは2週間では出来ない物です。簡単に言えば引継ぎ以外にも、転職する看護師は行う事が有るのです。

「立つ鳥跡を濁さず」ロッカーや制服を綺麗に返却

職員用ロッカーは会社の私物です。当然次に来る看護師のために綺麗にする必要が有ります。又、施設や病院で制服が有ると思います。白衣やユニフォ―ムはクリーニングを掛けて返却しましょう。

転職先は言わない!

「私、○○病院が決まったの」「採用された」と同僚に言いたくなる気持ちは解りますが同僚がお祝いをしてくれるとは限りません。その逆に転職先に変な噂を流されるリスクも有ります。転職は自分ではプラスですが周囲がマイナスに感じている場合が有ると言う事です。現に私の友人は転職先が決まり、つい転職先の病院の名前を言ってしまいそこの院長から転職先の病院へ「来月入社する看護師は勝手に辞める。すぐに辞めるからそちらのマイナスになります」と連絡して友人は転職先の採用が無くなりまた転職活動をしたと言う事が有りました。転職先に入社してから、元同僚等に話すようにしましょう。

退職届を正しく書こう

転職先が決まれば退職願・退職届を書く必要が有ります。しかし正しく退職願・退職届を書かないと「退職は認めない!」と返されて退職事態を認められなくなる事も有ります。正しい書き方を知っておきましょう。又会社によって様式が有る所も有るので、退職する際は上司に退職届の様式を聞くのも良いでしょう。

まずは一般的な書き方はこのように書きます。

そして退職届を入れる封筒はこのように書きます。

使用する便箋は白い縦書きの便箋で封筒も白です。

文房具屋さんやコンビニエンスストアーで購入出来ます。又白い封筒は転職活動に使用する履歴書を入れるのにも使うので転職活動をする際は購入しておきましょう。

辞める一か月前に退職届を上司に提出しましょう

上司に退職届をきちんと出しましょう。中には退職届の受け取りを拒否する場合も有ります。そうなってしまうと上司や会社自体が悪い会社になってしまいます。もし受け取り拒否が有った場合諦めないで下さい。退職する権利はあなたに有ります。受け取りを拒否された場合は労働監督署に相談しましょう。退職届の受け取りを拒否したり「辞めんなら代わりの人を連れて来てよ」と言われたら犯罪になりますので強い意思を持って下さい。

有給休暇の消化は会社が良ければ消化しましょう

溜まっている有給休暇は消化しても私は良いと思います。転職する場所決まっていて遠方で有ったり引っ越しが必要で有れば、この有給休暇を上手く活用し転職の準備をしましょう。

転職活動を行う際の常識と非常識

転職活動は求人を探して履歴書を書いて面接を受け採用通知が来るまでの期間を言います。その期間に非常識な行動をすれば簡単に気になっている求人の面接受ける事が出来なくなってしまったり書類選考で落ちてしまう事が有ります。きちんと常識と非常識について知っておきましょう。

履歴書はきちんと書く

履歴書の写真は面接の予行練習だと思って下さい。きちんとスーツを着た写真を貼りましょう。家族写真やペットと一緒に写る写真は非常識です。又、志望動機はきちんと書く事で好印象を与える事が出来ます。上のような志望動機は小学生が書くものと一緒になります。確かに「稼ぎたいから」「お金が欲しいから」と言う理由も有りますが、一番は看護師としてこの会社で何をして行きたいのか目標を書く事が良いと思います。履歴書は趣味や特技を書く欄が有ります。そこには休日はこのような趣味活動をしていると言う自己PRになります。雇用主は従業員が休日どのように気分転換をしているのか気にする事が有ります。趣味や特技欄にはきちんと自分の趣味を記載しましょう。又、履歴書は修正ペンや修正テープは使用出来ません。間違えたら書き直しです。清書する前に鉛筆で下書きをしおいた方が良いと思います。もし不採用になった場合は履歴書を返却する会社も有ります。それはとても良い会社です。返却しない会社は、「一応取っておいて看護師が不足したら連絡してみようかな」と言う場合も有ります。履歴書は個人情報でも有ります。「履歴書を返して頂きたい」と不採用通知が来た場合会社に連絡する事をオススメします。

面接はスーツが常識!

面接は当然スーツです。上のイラストを参考に就活用のスーツを揃えましょう。

私服では絶対に面接に行かないで下さい。一番は第一印象です。「この人真面目そうだ」「社風に合っている」と面接官や雇用主は第一印象を見て決めます。私服で行けば「何なんだ?」と面接官や雇用主に不快感を与える事になります。

面接は緊張しないで自己PRを!

面接で緊張をしていたら、肝心な事を面接官や雇用主に言えないで終わり後悔してしまいます。きちんと目標や趣味や特技等も話しましょう。面接自体はもう客観的に見るようにした方が良いと私は思います。「国会中継で問い詰められている議員より私の面接なんて小さいもの」「落ちたら落ちたで次に行こう」と言う気持ちで受けましょう。

面接の時間を作ってくれた会社への感謝の心は忘れない

面接の時間を確保してくれた雇用主や面接官は、そこの会社の社長や院長で有る事が多いです。つまり仕事の合間に時間を作って面接をしてくれている可能性が有ります。自分自身のためわざわざ時間を確保してくれた雇用主や面接官には面接前と後に「今日は本当にありがとうございました」とお礼を言いましょう。

採用通知が来たら会社への感謝とすぐに行動を!

採用の連絡や通知が来た場合、会社からは「いつから勤務が可能ですか?」と聞かれる事が有ります。準備期間を入れて余裕を持った日を指しましょう。又会社が遠方の場合は引っ越しや住む場所が決まり次第の勤務開始で有る事も会社へ伝えましょう。会社に伝えたら、ゆっくりしてはいられません。引っ越し業者の手配や不動産屋さんに行き住む場所を決める必要が有ります。特に引っ越し業者は2月~3月は予約したくてもなかなか見つからない事も有ります。不動産屋さんも同様です。3月は学生も賃貸さがしをします。良い賃貸がすぐに無くなってしまいますので急いだ方が良いでしょう。

看護師転職サイトを使用していれば連絡を!

採用となれば看護師転職サイトを使用していれば、もう使用はお休み又は中止になります。お世話になったキャリアコンサルタントに仕事が決まった事を連絡しましょう。連絡をしないと決まったのに求人情報がメールや電話で来ます。そうなってしまうと「しつこい!」と不快な気持ちになってしまいます。連絡をしていれば「自分は報告したから、落ち度は無い」と言う事になります。又、お祝い金が貰える可能性が有りますので採用されたと言う連絡報告は忘れないで行いましょう。

まとめ

4月になると新人看護師さんが入ってくる時期でもあります。又転職し新しい環境で勤務したい看護師さんもいます。転職する事はとても勇気が必要になります。今までいた会社から別な会社に移るのです。中には実家から会社に通っていた人が、春から遠方の会社に移りたいから独り暮らしをすると言う事も有るのです。何事も経験で、その経験で成長して行きます。良い転職先は探していれば偶然に見つかります。忍耐と諦めないと言う気持ちが必要になります。

-求人, 病院, 転職
-, ,

Copyright© 看護の求人 , 2018 AllRights Reserved.