転職

看護師がストレスを感じ辞めたくなる瞬間と対策

投稿日:

病院の花と言えば、「白衣の天使の看護師さん」です。優しくて、親身になって患者さんのケアをし、患者さんの家族の話を聞いてくれ、テキパキと業務をこなす姿はよく見る人も多く、又は「将来は看護師さんになりたい」と思う人もいます。そして、「彼女にするなら看護師さんがいい」と思う男性も多いはずです。しかし、看護師さんも人間です。ストレスや「辞めたい」「甘えたい」と言う気持ちになる時もあります。看護師さん達が、普段どんな時に辞めたい気持ちになるのか?甘えたい気持ちになるのか?退職しないための対策方法と看護師の彼女への対応方法についてご紹介いたします。

看護師とはどんな業務をしているの?

看護師の業務は、場所によって違います。病院で有れば、日勤や夜勤もあります。施設やクリニックの場合は、日勤や、遅番など業務時間はバラバラです。業務内容は、医師の診察補助や採血などの専門業務、又は、施設の場合は介護業務が兼務となっている事が多く、介護員さんと同じ業務をする事があります。

訪問看護師さんと言うものも有りますが、常に車移動が多く決まった時間に訪問先に行き看護業務を行う在宅専門の看護師さんもいます。その場合は、在宅なので24時間の患者さんの見守りが必要になるケースも有ります。白衣の天使と言えわれていますが、実際は患者様の排泄物の処理や入浴等の援助もあり、キツイ仕事でもあります。

 

病院内いる看護師さんの主なストレスとは?

看護師さんには、それぞれストレスに感じてしまう事があり、一人一人ストレスは異なって来ます。そのストレスが原因で退職や転職をしてしまうケースも多いです。看護師さんのストレス原因を紹介いたいます。

①新人看護師と先輩看護師との人間関係の悪化

新人看護師とは、看護学校を卒業し病院に就職したばかりの看護師さんを言います。当然、まだ職場に慣れません。又、まだ医療技術の学びが少ない状態です。そんな、新人看護師達が、どのように職場に慣れて行くか?当然、先輩の看護師さんに教えてもらいますが、最近では、「これも解らないの?」「もう一回、学校に行ったら?」「忙しいから、教える暇が無いの」と言う、先輩看護師さんが多く見られます。私も看護師ですが、「ただ見ていて!」「教える暇がないから」と突き放されていた経験が有ります。新人看護師さんから見たら「私は、この職場には歓迎されない存在」「何で入社したんだろう」と言う気持ちになり、3ヵ月の試用期間終了後に転職してしまう、新人看護師さんが多いです。

②医師や上司からのパワハラ、マタハラ

医師の診察補助に、常に看護師さんがいます。ドラマでも、医師の総回診のシーンでカルテを医師に渡す看護師さんがいます。見た目は「息がピッタリ合って、協力している」と思う人もいます。看護師に優しい医師もいますが、厳しい口調の医師もいます。

例えば、出勤はしたが体調が思わしくない看護師さんがいるとします。優しい医師の場合は、早退や治療をしてくれる事が有ります。私が、以前勤めていたクリニックでは、顔に蕁麻疹が出てしまった時に「病院の見栄えが悪くなるから、帰ってくれる?」と言われて早退をし、別な病院に受診した事があります。

又、産休に入る際に、看護師長に報告する際に、「えっ!もう産休なの?夜勤どうしょう」と嫌味を言われる看護師さんも多いです。妊娠したら「おめでとう。元気な子産まなきゃね」なんて言われない事が殆どです。

③休みが取れない

看護師さんは、クリニック以外は土日、祝日、年末年始も仕事の人が多いです。連休が欲しいと言う気持ちが有りますが、同僚に子持ちや家庭持ちがいると、やはり土日、祝日は独身者は休みが取れないに等しいです。

④給料が安い

患者様の排泄物の処理を30件こなしても、採血を50人こなしても、給料は変わりません。又、土日、祝日、年末年始の手当ても5000円アップしますが、そんな物、税金や保険料、アパートの家賃ですぐに、消えてしまいます。医師が50万もらっているとすると、新人看護師は15万円です。田舎に行くほど給料が下がり、10万行くか行かないか?の職場も有ります。ボーナスもその場所によって有ったり、少なかったりです。

⑤レポート、研修論文を出しても給料には繁栄されない

看護師さんは病院で研究や研修の発表を行うため、レポートや論文を書いて上司に提出します。大体の看護師さんが自宅に持ち帰って、パソコンで打ち込む作業をしています。給料には残念ながら繁栄されません。又、研究発表で病院内で発表をしたとしても、残念ながら、給料には何も変化が有りません。

 

プライベートでの看護師さんのストレスは?

仕事以外でも、看護師さんはストレスを感じてしまうことが有ります。休みでリラックスしていると思う人も多いはずです。又、彼女や好きな女性がが看護師さんと言う男性。あなたがストレスの原因になっている可能性があります。看護師さんの仕事以外でのストレス原因をご紹介いたします。

①面倒見がいいと思い、甘えられ、逆に甘えられない

患者様のケアを仕事でしている、看護師の彼女に対し甘える男性は多いと思います。「ごはん作って」「誕生日に、何か欲しい」と甘えてくる彼氏を彼女は、初めは「仕方がないな~」と言う優しい気持ちで接してくれますが、だんだん苦痛になって来ます。「私だって甘えたいのに」「何で、高い物ばかりねだるんだ?私には安い物で済ませるくせに」と彼氏に対しイライラを募らせ、ストレスになってしまう看護師さんが多いです。

②看護師=親の介護は安心と思う彼氏

彼女が看護師さんだと「親が年を取ったら、介護は安心だな。毎日、健康チェックしてくれる」と言う考えの男性は多いです。そんな事を、彼氏に言われたら「私と付き合っているのは、親の介護のため?」「私はどうでもいいのかよ!」と言う気持ちになってしまいます。

③看護師の彼女がいる事を周りの友人に自慢する彼氏

「俺の彼女、看護師なんだ」と友達に言いたくなる気持ちはわかります。彼氏や彼女が出来た時に、やはり友人に報告したくなります。しかし、看護師であることを自慢してしまうと、彼女から見たら「看護師じゃなかったら、付き合わなかったのかよ・・」と思ってしまう事が有ります。

 

看護師さんのストレスによる退職予防は?

①先輩看護師は、自身が新人だった時期を振り返る

「ダメな新人と夜勤なの」「新人の指導面倒くさい」と言ってしまう先輩看護師さん。先輩看護師さんには、新人の時期は無かったのでしょうか?新人の時期は、緊張し誰しもが失敗を繰り返して学んで行く時期です。先輩にも同じ時期が有り、失敗や緊張の時期を経験して来たと思います。失敗を、嫌味を言って叱る前に、自身の新人時代を振り返り、失敗し不安になっている新人看護師に寄り添い「失敗した原因を一緒に探して解決して行きましょう」と声を掛けて行く必要が有ります。又、上司に逐一、小さな失敗までも報告する、先輩看護師もいますが、もし小さい失敗を自身が指摘されたらと言う事を考えてみましょう。

②パワハラ、マタハラはすぐに、人事部に相談

上司のパワハラ、マタハラは、上司に悪意が無くても「言葉の暴力」です。抱え込まずに、すぐに人事部か、労働監督署に相談する義務は有ります。何故、パワハラやマタハラをするのか?「私は、偉い医者だから、たたえろ!」と言う気持ちで看護師さんを下に見る医師は間違えています。唯一、患者様の近くにいてケアを行う人が看護師です。看護師が書いたカルテを見て診察をしている医師は、看護師が患者様から得た情報を見ているのです。その情報量を見て、パワハラを行う考えは理解出来ません。医師も看護師も同じ人間である事に気付く必要が有ります。

マタハラに関しては、生命を守る仕事をしている立場です。同僚が妊娠、出産となれば、おめでたい事です。それを、マタハラでの言葉の暴力や嫌味は、とても気持ちが小さいとしか言えません。看護師と言う、仕事をしているのです。言葉で人を傷つけず、言葉で癒してあげる必要が有ります。

③給料が安いなら、無理な残業をしない

給料が安くて、残業をしている看護師さん。レポートも自宅で書いている看護師さん。給料が大幅にアップする事が無い残業やレポートは辞めてしまいましょう。

④有給休暇を月に2回は取る

有給休暇を溜めて、最後には消えてしまう事が多いです。買い上げも出来ない、溜まった有給休暇は使って下さい。私は、月に2回有給休暇を使っています。前に、溜めて結局は、使わないで無くなってしまった経験が有ります。今思えば「沢山、使って旅行に行けば良かった」と思ってしまいます。溜めていても、何もなりません。有給休暇は、職員一人一人に使う義務が有ります。使ってストレスを発散すると、仕事も頑張れます。

 

看護師さんのプライベートのストレス回避方法は?

①甘えさせない彼氏と距離を置く

「私だって甘えたいの!」「何か、○○君といても疲れが取れない」とハッキリ言って、距離を置く事が大切です。彼氏さんは、彼女が看護師として見ないで「一人の女性」として見て下さい。弱い面も認めてることが重要です。又、おねだりしすぎは厳禁です。「看護師は金持っている」と言う考えは辞めて下さい。そのお金は、日々の患者様のケアや重労働で発生したお金です。安易な考えで、おねだりはしないで下さい。

②看護師の彼女に親の介護の話は禁句!

彼女は、あなたの家政婦でもヘルパーでもありません。好きな人に「親の介護して」と言われたら、一気に愛が冷めます。親を大切にする事は素敵なことですが、彼女を巻き込んではいけません。親は親で、彼女は看護師であるが、一人の女性です。

③友達への自慢は過度にならないように!

「看護師の彼女なんだ」と自慢したくなる気持ちはわかります。現に、医者が彼氏である事を自慢していた女性がいます。よく考えて下さい。あなたは、彼女が就いている、看護師と言う職種が好きなんですか?それとも、彼女自身が好きなんですか?看護師だから付き合っていたと言う理由の男性とは、別れた方が良いと思います。彼女自身を好きになってくれる男性が良いと私は思います。

 

まとめ

看護師さんのストレスについて知って頂けたでしょうか?患者様からの暴言や暴力に対してのストレスよりも、人間関係のストレスの方が多い現状です。彼女が看護師さんだと言う男性は、本当に甘える時間を作ってあげる事をオススメします。

-転職

Copyright© 看護の求人 , 2018 AllRights Reserved.