求人 転職

意外と知られていない企業看護師のお仕事

更新日:

 

看護師さんと言えば、白衣を着ていて病院やクリニックにいると頭に浮かぶ人が殆どです。私自身も、看護師=病院と頭に浮かびます。しかし、最近は看護師さんがいる職種や会社が多く増えて来ました。

福祉施設や老人ホームにいる施設看護師さん、在宅専門の訪問看護師さん、保育所にも看護師さんがおり、献血センターや検診車にも看護師さんがいます。中には、点滴カフェと言う会社も有り看護師さんがビタミン剤等を点滴をするカフェも有ると聞いた事があります。

その中でも、大きな電気部品製造会社や娯楽施設等に看護師さんが在中している事があります。「電機部品会社は全然医療系じゃないし、何で娯楽施設に看護師さんがいるの?」と思われる人も多いはずです。それが「企業看護師」と言う職種がだからなのです。

企業看護師とは何?病院の看護師との違いは?

病院の看護師さんは病院に入院している、又は通院する患者さんを対象として看護ケアを行います。医師の診察補助や採血や注射、入院患者さんの日常生活援助や患者さんの状態を記録に残す等、患者さんを主体としたケアを行います。

企業看護師さんは別名「産業看護師」と呼び、病院の看護師さんと違い、対象はそこの会社の従業員になります。従業員の健康管理や健康診断の準備、体調不良の従業員の応急処置や緊急対応を行います。

同じ「看護師」でも対象者が違ってくると、仕事の内容や給料も違って来て雇用条件も異なって来ます。

企業看護師の配属先は?

 

企業看護師は、娯楽施設や電気部品製造会社、建設会社等、従業員が50人以上の会社に配属されている事があります。あの有名な娯楽施設にも企業看護師が在中しています。

正規社員なのか?派遣社員なのか?

企業看護師は、正規社員の人は少ないです。派遣社員や9時から16時まで等の6時間のみの対応などの、時間を決めて配置されている事があります。企業看護師で働く50歳代の女性看護師にお聞きした所、「時間は、9時から15時までの勤務。正規社員では無く非常勤看護師としての採用でした」との話が有りました。

元々は、病院の勤務でしたが、出産と子育てのため病院を辞めてしまい、子供が学校から帰ってくるまでの時間帯が条件で企業看護師と言う仕事に出会ったと話されていました。

企業看護師の給料は?雇用保険は?

給料は、病院で働く看護師さんが30万だと、企業看護師さんの給料は違って来ます。派遣企業看護師だと、派遣会社からの支払いで従業員が会社に在中する時間だけとなると20万円台になります。派遣企業看護師さんの雇用保険は、派遣会社の雇用保険に入るため給料から当然のようにひかれて行きます。

企業社員として入った企業看護師の場合は、給料面はその企業によって増えてくる事が有り、派遣社員と違い企業の雇用保険に入れる事があります。しかし企業社員としてだとその企業の業務と兼務になる事が有ります。

非常勤で企業看護師をされていた50歳の女性は、事務仕事を兼務されていたとお聞きしました。給料は病院勤務の頃よりは少なくて夜勤も無いため、28万位と話されていました。

企業看護師の主な業務は?

怪我や体調不良の従業員の対応と応急処置

企業看護師は従業員の怪我や体調不良時の応急処置や対応をします。「怪我ってどんな怪我?切り傷や擦り傷なら自分でも治せる」と思ってしまう人が多いですが、そんな軽傷ばかりではありません。

企業では、色々な機械や危険な薬品を扱う所があり従業員が誤って機械に手や足を挟めて巻き込まれる切断事故や危険な薬品が顔にかかり火傷を負う事故が起こる事もあります。そんな時に、企業看護師が救急車が来るまで応急処置をします。応急処置は一時的救命処置で重要な業務です。

又、体調不良の従業員がいた場合、企業看護師がいる医務室には学校の保健室と同じようにベッドがあり経過を診ながらその従業員が所属する部署のリーダーや上司に体調を逐一報告し早退をさせるか?通院させるか?の指示を出す事も企業看護師が行います。

医務室の管理

企業看護師が在中する医務室には、応急処置で使う物品や市販の鎮痛剤や風邪薬が置いてあります。その管理は、企業看護師が行います。物品補充も企業看護師が行うことがあり、こまめに薬の在庫確認が重要になります。勿論、医務室の掃除も企業看護師が行います。

従業員の健康診断準備

 

企業では1年に1回~2回、従業員の健康診断があります。健康診断をする際に必要な事は、まず健康診断をしてくれる企業へ連絡し予約することです。そして、健康診断企業から問診票が送られてきますが、企業看護師は問診票の数や従業員の人数を正確に健康診断をしてくれる企業に伝え予約を行う必要があります。予約が完了しましたら、従業員に健康診断の日程を教え問診票を渡します。健康診断当日にも企業看護師は、健康診断をする業者職員と話し合い「どこで、採血をするか?検診車はどこに停めるか?」等決めて行きます。

病院と違い一般企業なので、医務室や会社の会議室を借りる場合があり企業看護師は事前に会議室を使用する事を企業に伝えます。健康診断後は、健康診断の結果は各部署のリーダーや上司に渡して配布して頂きます。

従業員のメンタルケア

どこの会社でも従業員は悩みを抱えています。「辞めたい」「上司に怒られた、もう嫌だ」と思ってしまう新人職員に対し、相談にのるのは企業看護師の仕事です。仕事で失敗し上司に注意を受けたら誰でも「何か辛い」「体が重い」等思われ病気ではないのに倦怠感が出てしまいます。そうなってしまうと仕事も上手く進まないです。

企業看護師は、医務室に来たそんな従業員を「部署に戻りなさい!」と言わずに話を聞く時間を確保します。話を聞く事で、その従業員の気分が楽になる事が優先です。企業看護師はカウンセラーとして必要な存在となります。

又、過労死対策で、残業が多い従業員や有給休暇を取っていない従業員がいる事も勤務体制を見て、部署のリーダーや上司に報告する事が有ります。

従業員の健康安全教育

危険な機械や薬品を使用することがある企業。新人職員は機械や危ない薬品等理解していないことがあります。消毒液でも強い作用で肌にかかることで、一気に肌が赤くただれてしまう物も多いです。そんな薬品や機械について、どんなに危険か?身体に害があるにかを教育するのが企業看護師です。

日々の健康相談と保健指導

健康相談や保健指導は、従業員とのコミュニケーションを図る事が目的です。健康や体調面の悩みを聞くことも企業看護師の務めです。又、保健指導は毎年流行る、インフルエンザや感染性胃腸炎等の予防教室や社内にポスター作成し貼りだす等、従業員への呼びかけを行う事も有ります。

企業看護師の求人はどこに掲載されているの?求人の探し方は?

企業看護師の求人は、なかなか探すのが難しく新聞の求人欄には載る事は少ないです、実際に企業看護師をされていた女性にどのように求人を探したのか?お聞きすると「新聞には載らないし、ハローワーク求人にも掲載される事はない」と話されていました。実際に企業看護師の求人を探し当てた方法をご紹介いたします。

看護人材バンクや看護師専門求人サイトを活用

看護師専門の求人サイトには、私自身も登録したことが有ります。夜勤無しやオンコール無し、正社員や非常勤採用等の自分が希望する条件を登録して求人検索をします。その際に、自分の連絡先をサイトに登録すると看護師専門求人サイトの担当相談員やカウンセラーから連絡が来ます。「どのような求人を探しているのか?仕事内容は?」等、聞かれる事が有ります。企業看護師の求人を探している事を話すことで募集している企業看護師の求人を探してくれて面接の日程をセッティングしてくれます。尚、求人紹介を希望する際は履歴書を作成し求人サイトに送る必要が有ります。

直接、企業へ連絡し問い合わせる

直接、気になっている企業へ問い合わせる方法が有ります。しかし、企業によって募集していない事も有ります。従業員が多いから企業看護師を配置していると言うことは少ないです。直接連絡し採用される事は確率的に低いです。

ハローワークで求人を探す

ハローワークの求人は、企業看護師の求人掲載は少ないです。ほとんどが病院や施設の求人が多いです。企業看護師の求人の紹介を受けたい人は、ハローワークの相談員に問い合わせてみましょう。

企業看護師と病院の看護師比べて良かった所は?

拘束時間少なく夜勤がない

病院や福祉施設は、夜勤やオンコールが付き物です。クリニックの看護師は日勤だけですが、8時間労働がほとんどです。拘束時間や夜勤がキツイと思う人にはオススメなお仕事でもあります。

面倒くさい人間関係がない

上司や先輩、同僚との人間関係は時には、面倒になる事があります。イジメや何か小さい失敗でも強い口調で叩かれる事が怖くなったりします。そうなってしまうと、折角身に着けた看護技術が上からの重圧で何にも出来なくなってしまいます。自分自身の意思で処置やケアを行う事が企業看護師には出来ます。

福利厚生がキチンとしている

女性は、妊娠や出産と言う大切な時期が有ります。病院や施設には福利厚生が有りますが「育休や産休が取りづらい」と話す女性が多いです。「あなたの代わりを探さないといけない」とマタハラのような発言をする上司が怖く感じてしまうか迷惑を掛けてしまうと思う女性が多いです。

企業看護師の場合、直属の上司はいません。キチンと企業に報告して産休・育休申請をしましょう。派遣企業看護師の場合は、派遣会社へ妊娠や出産の事を報告しましょう。

まとめ

企業看護師について知って頂けたでしょうか?給料は病院の給料より夜勤が無いため少ないですが、病院のようにバタバタした勤務は少ないお仕事でもあります。「夜勤でボロボロで辛い」「先輩や上司との「関係がもう面倒に感じる」と思われる人。この機会に企業看護師の求人を探してみる事をオススメします。

-求人, 転職
-,

Copyright© 看護の求人 , 2018 AllRights Reserved.